セフレには事前に性癖をカミングアウトしておこう

出会い系アプリを利用すれば、セフレを作る事は可能です。
そしてセフレは恋人とのセックスでは出来ない事でも出来るというイメージがあるかもしれません。

ですがセフレだからといって、どんなセックスでも許容してくれるという訳ではありません。
そして許容範囲は人それぞれ大きく異なります。
なのでセックスでこんなプレイがしたいという場合、セックスの最中に相手の承諾もなくいきなりプレイを始めるのは、明らかなルール違反だと言えます。

キチンとセフレとして出会う前に、自分はセックスで○○プレイを楽しみたいけれど、しても大丈夫?というふうにカミングアウトしておきましょう。

例えば人によってはパイパンが好きで、セフレのデリケートゾーンを剃りたいと言われたら、大抵の女性は引いてしまいます。
しかも温泉に入る時など、日常生活でも支障が出てしまいます。
ですが衛生的な状態を保つため、もしくはムダ毛処理の手間を省くために、デリケートゾーンを全て脱毛し無毛な状態にしている女性もいます。

初めからそういう状態の相手をセフレに選んでおけば、キレイなパイパンが楽しめますよね。

その相手は信頼できる人物ですか?

インターネットの普及により、人と人の出会いのカタチも大きく変化しました。
そのひとつが出会い系サイトやアプリの存在です。
こういったルールを使えば、便利で簡単に自分の希望する出会い、相手を探すことができます。
実際に多くの人たちが出会い系サイトやアプリを利用して新しい出会いを楽しんでいます。
その一方でいろいろな問題も起こっています。
誰でも簡単に利用できることから真剣に出会いを求める人でなく、遊び半分、いたずら半分で登録する人も少なくありません。
さらには、こういったツールを悪だくみ、つまり恐喝や詐欺を目的として利用するケースも残念ながらたくさんあります。
したがって、出会い系サイトやアプリを利用する際にはそういった危険が存在していることを常に念頭においておく必要があるのです。
どこの誰かもわからない相手と軽い気持ちで会ったりすると、トラブルに発展したり犯罪に巻き込まれる危険もないとは言えません。
いくらセフレを探しているからといっても、はじめての相手の誘いにすぐに乗ってしまったり会ったりするのはNGです。
早くセックスがしたい気持ちはわかりますが、まずはやりとりを重ねて相手が信頼できるであろう人物だと判断してから実際に会うようにするべきです。

最初からセックス目的をアプローチしない

セフレを求める人の目的のほとんどが相手とセックスをすることであるのは間違いないでしょう。
しかしいかにそうであったとしても、それを前面に押し出すことはNGです。
また、「セフレサイトやアプリを使っている女性だから相手もセックス目的に決まっている」という感覚で女性にアプローチしたり接する人も少なくありませんが、これもいけません。
もちろん女性もセフレを探しているのですが、見ず知らずの相手からいきなりセックスを持ち掛けられると警戒したり戸惑ってしまうものであると理解するべきです。
ではどうすればいいのか?
好ましいのは、まず話しやすい環境を作って少しずつ仲を深めていくことです。
最初からセックスやセフレの話題を出すのではなく、自己紹介から始まって世間話や趣味、興味のあることなどを交換するのです。
そうしてお互いのことがある程度わかって親しくなれたなら、少しずつ本題に移っていけばいいでしょう。
早くセックスをしたいという気持ちは十分理解できますが、セフレに限らず普段の生活においても同じように女性の心理というものを知ってそれに則した言動を取ることが大切です。

まずは不安や抵抗を取り除くことが肝心

セフレを探すなら出会い系サイトやアプリを利用するのが最も簡単且つ有効といわれるほど、これらのツールを利用すれば容易にセフレ探しができます。
しかし、簡単にセフレ探しができることと実際に出会えるかどうかは別問題です。
特にサイトやアプリなどの検索機能を使えば自分の理想の相手を見つけやすいといえますが、そこから先はアプローチ次第です。
というのも、ただサイトやアプリで知り合った顔も素性もわからない男性とすぐに会うことに対して抵抗や不安を持つ女性は少なくありません。
「セフレサイトやアプリに登録しているんだからすぐに会えるんじゃないの?」
そう思っている男性も少なくないようですが、それは女性心理をあまり知らないといえます。
いくらセフレサイトを利用していても、見ず知らずの男性に会うのはまず警戒心が先に立つのです。
したがって、理想の女性を見つけたなら、まずは親しくなって警戒心を解くことが必要です。
そしてその後もやりとりを重ねて「なんだか楽しそう」「この人と会ってみたい」という思いを抱かせることで実際の出会いに結びついていくのです。
実際に会うことさえできれば90パーセント以上でセックスに持っていくことができるので、まずは会うための努力を尽くしましょう。

プライベートなことを知る必要はないけれども…

セフレ関係においては、相手のプライベートなことまで立ち入るのはNGです。
お互いがセックスだけを楽しむために付き合っている割り切った関係ですから、プライベートなことを知る必要はないからです。
セフレカップルの中には相手の本名さえ知らないというケースも珍しくないほどです。
ただし、「ある部分」においては相手のプライベートなことも知っておく必要があります。
それはセックスに関する点です。
どんなセックスが好みでどんなプレイはNGなのか、どんな性癖があるのか、性感帯はどこか、といったものです。
それらを知っておくことにより、より刺激的且つ興奮できるセックスを楽しむことができるでしょう。
こういった情報は、実際にセフレ関係を結ぶ前にアプリでやり取りをしながらコミュニケーションしておくことをおすすめします。
というのも、たとえばあなたがSMプレイがしたくてその相手を探していたとしたとき、あなたがMなのに相手もMではお互い楽しむことはできませんよね。
セフレ関係になってからこういった行き違いが判明する状況をなくすためにも、事前のやりとりで確認しておくことが大切です。